出産の費用は?

出産の費用及び給付金

女医

出産はおめでたいことだし、命を生み出すという、何事にも変えられない素晴らしいことです。

また、大きなリスクを伴うことだから、「お金のことなんて言っていられない」と思いたいところです。

でも、現実には、出産にもお金はかかるし、その後の育児にはもっとお金がかかります。 お金に糸目はつけないなんて、恰好つけている場合ではありませんよね。

では、実際に出産にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

実はこれは、出産を行う産婦人科によって、設定されている料金の差が激しく、一概には言えません。

一般的には、およそ35万円~40万円程度だと言われており、出産方法などによっても多少違ってきます。

帝王切開での出産は高くつくように思われがちですが、これも一概には言えず、病院によっては、帝王切開は保険適用だから経腟分娩よりも低料金な場合もあります。

また、どのような部屋で入院生活を送るのか、ということでも、費用は全く違ってきます。

個室での入院生活の場合、1日あたり数千円から数万円の料金が必要となり、部屋代でもかなり高額になる場合もあるのです。

出産の際に節約したい場合には、出産自体にかかる費用を削ることは難しいので、この部屋代を節約するのが1番安全で良い方法だと言えますね。

この出産の際には、出産育児一時金というものが給付されます。 現在は、この一時金の金額は42万円となっています。

ですが、多くの人が産科医療保証制度という、もし赤ちゃんに障害等があった場合に備えて掛けておく保険のような制度にあらかじめ加入するため、その金額、3万円が差し引かれます。

その場合、実際に出産に充てられる金額は39万円。 産婦人科によって、また出産方法によって、この39万円でおつりが返ってくることもあれば、逆に数万円を追加で支払わなければならないこともあります。

そんな助産師や看護師が、話しにくい相手だったら、産後の心のケアをうまく行うことができませんよね。

楽しい雰囲気で気軽に会話できるような助産師や看護師のいる産婦人科を選んでおきましょう。

産婦人科選びは、出産にかかる費用を節約するためにも、とても大切なプロセスです。 病院によって差が大きいので、事前に受付の方に、いくらくらい必要なのかを確認しておくと安心ですね。




Topics