産婦人科の選び方

スタッフとの相性は要チェック!

女医

妊娠中は、産婦人科に何度も検診に通わなければならないし、出産したら、今度は1週間程度の入院期間が待っています。

だから、検診も出産もストレス無く行うためには、信頼して任せられるスタッフのいる産婦人科を選んでおく必要があります。

医師の腕が良いとか、助産師や看護師のケアが徹底しているというのは、もちろん大切なポイントです。

でも、腕やケアだけではない、こだわりたいポイントもあります。 それが、スタッフとの相性です。

例えば検診に行った際、すごく気になっている、ちょっとした不安な症状があったとします。

でも、医師が威圧的な雰囲気だったり、話しにくい相手だったら、その不安をうまく伝えられなくなることがありますよね。

妊婦さん自身が身体で感じる不安な症状が、実は赤ちゃんに大きな影響をもたらしている症状である可能性も、ないとは言えません。

だから、ちょっとしたことでも、話しやすい医師のいる産婦人科を選んでおくことは、母子ともに良い状態で出産するために必要なことなのです。

それから、助産師や看護師といったスタッフの方々は、入院中にいろいろなお世話をしてくれます。

入院中は、精神状態も不安定になりがちだから、助産師や看護師といったスタッフの方との会話は、産後の心のケアに大切な役割を果たします。

そんな助産師や看護師が、話しにくい相手だったら、産後の心のケアをうまく行うことができませんよね。

楽しい雰囲気で気軽に会話できるような助産師や看護師のいる産婦人科を選んでおきましょう。

産婦人科選びの際には、悩む点が多すぎて、スタッフとの相性は二の次になってしまうかもしれません。

でも、ここにこだわって選んでおくことは、一生に数回しかない妊娠生活や出産を良い思い出にするためにも、とっても大切なことなのです。



産婦人科の立地について

女医

産婦人科選びの際に、大切にしたいポイントですが、意外と見逃されているのが、交通機関が利用しやすい立地にあるかどうかという点です。

車で通うつもりであれば、車が入りやすい立地にあり、駐車場も完備されているかどうかというのは大切ですよね。

また、電車で通うつもりならば、駅から近く、身体に負担がかからないくらいの距離で歩けるかどうかというのも重要です。

もし、ある程度の距離を歩いていくつもりならば、その区間が人通りが多い場所かどうかも確認しておきましょう。

道の途中で何かあったときに、人気がない道では危険です。

妊婦さんは、あまり重い荷物を持って歩いたりすることはできません。 身体に負担がかかると、流早産の危険性も増すので、負担なく通えるような産婦人科を選ぶ必要があります。

駅から遠く、荷物を持ってかなりの距離を歩かなければならないような産婦人科は避けたいですね。

また、車で通う場合には、あまりにも危険な道を通らなければ行けないような産婦人科は、避けたほうが良いでしょう。

妊娠中に事故に遭ってしまった場合、小さな事故でも、何があるか分かりません。 距離が遠く、高速を走って行かなければならない場合にも、眠くなることがあるので要注意です。

まっすぐな整備された道だからといって、安心とは言い切れないのです。 送迎してくれる人がいないのなら、公共の交通機関か、徒歩で行ける産婦人科を選んだほうが無難ですね。

産婦人科は、妊婦健診や、何かトラブルがあった際など、何度も通わなければならない場所です。

その点を考慮して、通いやすい立地かどうかということも重視しましょう。



産後を楽しめることも重要!

女医

産婦人科選びの際、医師の腕が良いか、とか、病院は通いやすい立地にあるか、という点は誰もが重視しますよね。

だけど、実は産婦人科選びの際には、かなり重要視しておきたいポイントがあるんです。 それが、「産後を楽しめる病院かどうか」という点です

例えば産後に、とっても豪華な食事が出る産婦人科は、入院生活を楽しむことができますよね。

また、産後に、頑張ったママのためにエステなどのサービスを実施する産婦人科もあります。

そういった楽しみのある産婦人科を選んでおけば、妊娠中に、出産に向けての気持ちが前向きになれますね。

「今は体重制限がつらいけれど、頑張れば出産後に美味しいごはんが食べられる!」なんて、入院期間を産後のお楽しみにできてしまうのです。

それから、産後を楽しめる病院であるということは、産後のデリケートな精神状態にも良い影響をもたらします。

産後は、ホルモンバランスが急激に変化するため、何でもないことで泣けてしまったり、うつのような状態になってしまう方もいらっしゃいます。

そのような状態をできるだけ軽減するためにも、楽しめる雰囲気のある産婦人科を選んでおいたほうが良いですね。

健全な精神状態で、赤ちゃんとの関係を良好に保つためにも、食事や、産後のママへのちょっとしたご褒美サービスなど、ママ自身が楽しい気持ちになれる工夫のある産婦人科を選ぶことがオススメです。

産婦人科で入院する期間は、それほど長くはありませんが、その期間を思いっきり満喫できるような産婦人科を選びましょう。

出産は、一生に数回しかない貴重な体験です。

ただ出産して、何も特別なことの無い、普通の入院生活を送るよりも、一生に数回の貴重な体験を楽しめる工夫がある産婦人科を選んだほうが、絶対お得ですね!




Topics